• 剪定作業
  • 木の枝を剪定している男性
伐採

草刈りの金額や傾向

「草刈り・伐採・剪定」をご自分で行う方もいらっしゃいますが、広大な土地であったり、高い木々や本数が多い場合は、専門の業者に相談するのが一般的となっています。
「土地の広さ」「草の背丈」「作業コース」を、表にあてはめて、料金表を確認できるサイトもあります。
草刈りを専門業者に依頼した場合、坪単価(3,3平方メートル)が「500円」からという安価な設定を、提供している企業もあります。
ご自分で草刈りをされる場合は、草刈り機も5,000円~10,000円以内で買える物もでてきています。
草刈りに限らず、木々に合わせた剪定方法を行いたい場合や、庭の剪定をしようと思っていても、庭の剪定に適した季節を知りたい方や、以前自分で切った木の根っこが、残っていた場合の相談も、専門の業者が受け付けてくれます。
木々が過度に密集すると、土壌が栄養不足となり、水はけが悪くなります。
落ち葉の季節ともなれば、伐採や剪定を行わなければ、近隣住民の方への迷惑ともなりかねません。
しかし忙しくてご自分でできない方や、地方に住んでいてどの様な業者があるのか知りたい方には、自分に合った専門業者を紹介してくれる企業もあります。
サイト利用料は一切かからず、しつこく電話やメールがくる事もありませんので、安心して相談・依頼する事ができます。
「24時間・365日」相談窓口を「無料」で設けており、営業時間内に問い合わせができないといった事もありません。

草刈り

草刈りの類似と競合

「草刈り」の類似語として、「除草・草取り・雑草取り・除草作業」等があります。
何れにせよ草を刈る作業には、いくつかの方法があります。
少しずつ草を抜き取ったり、鎌で草を刈ったり、草刈り機を利用したり、除草剤を撒く方法です。
草取りが必要になるのは、4月~11月の頃で土がむき出しの状態の場所では、どうしても草が余計に目立ってきます。
一般家庭の庭に限らず、田畑のあぜ道・休耕地・ブロック壁の隙間・空き地・堤防等、草取りにも様々なシチュエーションがあります。
「除草剤」を散布して、枯死させる方法や、防草シート(雑草防止シート)等を使用する方法があります。
平地だけではなく斜面を登る時にスリップせず、そのまま地面を這わすと登りながら草を刈る「草刈り機」もあります。
上面・側面同時に、雑草を刈る事が出来ますので、体力の消耗も軽減されます。
草刈り機にも様々な種類があり、類似の競合製品が出回っている場合、その価格と同じもしくは、さらに安い価格に設定してくれる企業もあります。
草刈りに限らず、「伐採」や「剪定」も必要不可欠な作業です。
ご自分で草刈り、伐採や剪定をされる方もいらっしゃいますが、遠方に住んでいる為庭の手入れが出来ない方や、忙しくて出来ない方、相場価格が気になる方は、専門業者が相談にのってくれます。
「24時間365日」電話・メール相談が「無料」ですので、営業時間内に問い合わせが、出来なかったりする事はありません。
携帯電話・PHSからも、フリーダイヤルで問い合わせが出来ますので、電話代を自己負担する必要もなくとても便利です。